自動車損害賠償責任保険は、略して自賠責保険と呼ばれています。こちらの方が耳馴染みがある呼び方でしょう。
自賠責保険は対人賠償保険に限定した自動車保険であり、目的は被害者へ最低限の補償をするというものです。よって、被害者相手が怪我をした、死亡した、後遺症が残ったという場合のみに補償されます。
民間保険会社で契約しますが、国土交通省にて補償範囲と保険料が決められているため内容は一律です。
補償範囲は、1回の事故1人の被害者に対して傷害の場合は120万円、死亡の場合は3000万円、後遺症が残った場合は4000万円が最大支払い額になります。あくまでも被害者への最低限の補償なので、これを超える賠償はできません。
保険料は車種によって変わりますので国土交通省HPで確認してみましょう。
ちなみに自賠責保険に加入していない自動車は公道を走ることが禁止されており、車検を通すこともできないので注意してください。仮に未加入のまま一般道を走行すれば1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科せられ、違反点数6点で一発免停です。
また、加入したらそれで終わりではなく更新がありますが、自動車なら車検時に更新してもらうことができるので期限切れは心配いりません。

最近の投稿