全長調整式の車高調でセッティングをする場合、車高とスプリングのプリロードを別々で調整できます。車高調のロアブラケットにメスネジがきってあるのでそれを回すことで車高の調整ができ、バネのプリロードは車高調のアッパーマウントと皿にバネがはさまれているので、下の皿を回すことでプリロードの調整ができます。
車高に関してはあらかじめある程度車高調の長さを調整して車体に組み込みますが装着後には前後左右で誤差が出るので微調整が必要です。、取り付け後はロアブラケットはナックルに固定されるので回すことが出来ないためロアブラケットのロック皿を緩め、バネとショックアブソーバー側のオスネジが切ってあるほうを回して車高を微調整します。プリロードをかけた場合、車高は微量の上昇をするのでそのときにも車高の微調整が必要になります。
減衰力調整式の機能がある場合バネのプリロードはほとんどが推奨値のまま減衰力の調整でセッティングをしていきますが、バネの特性によってはやはりプリロードを変更してセッティングをする場合もあります。街乗り・ワインディング・サーキット等で求められる仕様が違うため、車高・減衰力・プリロードの調整で走るステージに合うようセッティングします。gf1120082666l

最近の投稿