自動車は使うには便利ですが、時には事故を起こしたり、巻き込まれてしまうこともあります。
貸した車がアクシデントやトラブルを起こしたり、巻き込まれた場合には、所有者も無関係ではいられません。
まず、トラブルの相手方に対する損害賠償責任は、運転者自身に加えて、運行供用者も責任があるという法律の定めがあり、運行供用者には車の所有者が含まれます。
つぎに、自分の車も修理が必要になる場合もあります。
車の保険には、自賠責保険と任意保険がありますが、任意といっても加入自体が任意というわけではありません。
自賠責保険では、被害者に対する最低限度の補償しかカバーされていないため、対物の損害や、運転者を含む搭乗者の被害に備えるには任意保険は不可欠です。任意というのは、保険金額や保険の条件を調整することで、保険料の負担を抑えることができることを指しています。
任意保険の条件の中には、運転者の年齢や、家族や夫婦など、所有者との続柄を制限するものもあります。条件を限定することで保険料は抑えられますが、肝心なときに使えなくては困ります。
友人に車を貸す場合、友人自身が、自分の自動車保険に加入していて、他人の車を運転しても補償される場合を除いて、自分の保険の条件を見直しておきましょう。
特約による保険料の差額は、月額数百円で、電話で変更も可能です。
また、返してもらった後、今後人に貸す予定がなければ、再び家族限定などに戻すことも可能です。

最近の投稿