そもそもABSというのは、緊急時に使う物で普通に利用している方であればほとんど意識した事が無いと思うのですが、その性能のおかげで大事故が確実に減っているという装置でもあります。
そもそもこれはアンチロックブレーキングシステムの頭文字をとった物で、急ブレーキ時に起こるタイヤのロックを防ぐために存在する物です。自動車で急ブレーキをすると、タイヤの摩擦よりも車体側がタイヤを止めようする力がまさる事が有り、そうなるとハンドルの制御が利かなくなるため大事故に原因となってしまうのです。
そう言った対策として、複数回に分けてブレーキを踏むというポンピングブレーキを行う必要があるのですが、タイヤがロックして制御が利かなくなる状態で適切なブレーキを踏むというのはトップクラスの上級者でも難しい物です。
そこでこのポンピングブレーキを自動化して、いかなる時でもロックを防ぐことが出来るようにしたのがこの装置です。
このおかげで、どんな人間でも緊急時は取りあえずブレーキを力いっぱい踏み込む事で対応が可能になり、交通事故においての大事故も減りましたし、雪道などでのタイヤロックによる衝突事故など緊急時命を助けられるドライバーが増えたのです。

最近の投稿