中型自動車の場合

| 未分類 |

自動車保険には色々な種類がありますが、どのような保険も基本的には車両ごとに契約をしますので車の状態に合わせた契約料金が必要になります。特に車両保険に加入している場合には自動車の価値を正確に算出して保険料を決めることになります。
そのため車両価値が高いものの場合には保険料も高くなるという傾向にあります。例えば近年分類が始まったマイクロバスに該当する大きさの車両である中型自動車に関しては、一般的な乗用車よりも高く大型車両よりは安いという保険料になるケースが多くなっています。これは車両の価値の影響を強く受けているためです。
従って中型車だからどうこうという契約は存在していません。どのような車両であってもその車両の車種と年式によって価値は決められ、その価値によって保険料は決まることになるのです。但し法人契約の自動車保険の場合にはフリート契約と呼ばれる特殊な方式で保険料が管理されています。そのため中型車単体で所有している場合とは保険料の料金体系が異なることになりますので比べる場合には注意が必要になります。一般的には中型車は一般の普通乗用車に比べれば高価な車両です。そのため保険料が高くなるのも自然なことです。

最近の投稿