エンジンのことを車の心臓部という言い方があるように、車が走行するために不可欠な原動力となるものがエンジンです。
燃料と酸素をエンジン内部において爆発させることによって、駆動力にしています。
エンジンは種類や形式が豊富にあって、車のコンセプトに合わせて搭載されるものが異なります。
主流となっているエンジンには、レシプロエンジンやロータリーエンジン、ハイブリットエンジン、ディーゼルエンジンがあります。
この4種類のエンジンはそれぞれのカテゴリー内で、さらに種類が細分化されています。
レシプロエンジンの種類の中で、燃料の噴射の方式として従来までのものと違うものを直噴エンジンと言います。
通常のレシプロエンジンでは空気と燃料をシリンダーに入れる前段階において混ぜていますが、直噴の場合にはピストンシリンダー内に空気だけを入れて、燃料のガリソンだけを後から直接噴射します。
このエンジンには通常の混合気を爆発させるよりも爆発効率が高くなるために、その結果として燃費が向上するメリットがあります。
さらに、燃費が向上するという意味で排気ガスが減りますので、クリーンな車にすることができる点もメリットです。
近年ではメリットが大きいと考えられるために、採用している車が増えている傾向にあります。

最近の投稿