搭乗者傷害保険とは

| 未分類 |

搭乗者傷害保険とは、保険契約車の運転者やその同乗者を対象にした怪我の補償です。
人身傷害保険と重複した補償内容ですが、支払い方法が異なっています。
人身傷害保険は、治療にかかった費用を支払う実費補償です。また死亡に対しては、死傷された方の年齢、収入、扶養家族の有無等を反映させた損害額基準に基づいて実際の損害額に相当する保険金を支払います。
これに対して搭乗者保険は、定額補償になります。死亡に関しては、契約時に決めた死亡保険金が支払われます。
1000万で契約していれば、遺失利益がそれを上回っても1000万が上限となります。
また、搭乗者傷害の怪我の支払いは、日額払いが廃止されつつあり、部位症状払いが主流になっています。
かかった治療費用ではなく、手の捻挫なら5万円・足の骨折なら10万円など、怪我の症状や部位によって決められた定額基準で保険金を支払う方法です。
シンプルな査定なので、支払いが迅速になりますが、通院が長期化した場合は、通院日数に見合った保険金が受け取れない可能性もあります。
部位症状払への移行は、保険会社の保険金支払いリスクを減らしたい思惑があります。
また、最近の傾向として、怪我の補償を人身傷害だけにして搭乗者保険を最初から提案しない保険会社が増えています。
これも保険会社の支払いリスクを減らしたい意向が反映されていると考えられます。
しかし、事故の時に、人身傷害と搭乗者保険の2つから支払いがあれば助かります。
怪我にかかった費用に対して、実費補償と定額補償、重複して貰える2つのお財布を持つ選択もあります。

最近の投稿