対人賠償保険とは

| 未分類 |

通勤や通学、日常生活の買い物やレジャー、さらには趣味として私たちの生活に密接している自動車。世の中の大勢の人が運転免許を取得し、便利に自動車を利用しています。
自動車は現代の生活に欠かすことの出来ない必需品と言っても過言ではないでしょうし、実際に自動車がなければ困るという人は数多くいるでしょう。

自動車に安心して乗るためにはしっかりと保険に加入をしておく必要があります。
自分が自動車事故の加害者となってしまい、他人を怪我させてしまった場合などには、多額の医療費用を支払うこととなる可能性があります。
強制保険である自賠責保険である一定額までは補償してくれるものの、その金額は有限となります。もしものことを考えると、民間の保険会社の任意自動車保険に加入し、金額無制限の対人賠償保険契約をしておくのが賢いと言えるでしょう。但し、この保険に対する補償の注意事項として、被害者が「他人」の場合に限る、としている契約内容が殆どである事が挙げられます。
つまり運転者が自分の親や配偶者など、いわゆる「身内」を怪我させてしまった場合には保険金は支払われないということになります。

これらの点についてしっかりと理解をして、安全運転を心掛けたいですね。

最近の投稿