対物賠償保険とは

| 未分類 |

私たちの日常生活において、欠かすことができないと言っても過言ではない自動車。
便利な足としてビジネス・プライベートを問わず、移動や送迎、荷物運びを中心に私たちはその恩恵を大いに受けています。実際、現代の日本人の殆どが自動車の運転免許を取得していますし、ビジネスでも自動車を用いるため求人の際の募集要件として要運転免許証としている会社も少なくないのです。

そんな便利な自動車ではありますが、安心・安全に乗るためには任意保険に加入することが必須と言えます。自動車を運転する際には自賠責保険という保険に加入することが義務付けられていますが、実際事故が起きた場合には自賠責保険だけでは十分な補償はしきれないケースが多いのです。
自賠責保険は事故の被害者に対して一定の補償はされるものの、補償金額には上限があります。また事故を起こした運転者本人や同乗者に対する補償はありません。
また自賠責保険には対物賠償保険は含まれていません。事故によってガードレールや標識、他の自動車などを壊してしまった場合の補償はされないのです。

以上のことから自賠責保険ではカバーしきれない部分を任意保険によって補うことが賢いと言えます。
補償を充実させつつ、安全運転を心掛けたいですね。

最近の投稿