車のサスペンションは、固定式と独立式の2種類に分けられます。固定式は、リジッドアクスルとも呼ばれる前輪あるいは後輪の各2輪がつながっている形式のものです。独立式は、独立懸架とも呼ばれ、1輪ごとに動きが独立している構造のサスペンションです。
固定式には、トラックなど貨物車によく使われる板バネ(リーフスプリング)を使ったパラレルリーフ式やFF車の後輪によく使われるトーションビームアクスル式があります。これらは、コストを安くでき、構造も単純なところが利点です。この他にもリンク式と呼ばれるより改良された固定式もあります。
独立式には、多くの乗用車の前輪に使われるストラット式や高級車などの前後輪に採用されているダブルウィッシュボーン、ダブルウィッシュボーンによく似ているマルチリンク式、あるいはトレーリングアーム式、スイングアクスル式などがあります。独立式サスペンションは、コスト高になりますが、走行安定性に優れていますので、スポーツタイプや高級車には全て独立式の4輪独立懸架が使われることが多く、一般のファミリーカーでは、前輪がストラットの独立式で後輪にトーションビームアクスルの固定式を採用しているものが多くなっています。

最近の投稿