ETCは電子料金収集システムのことを指しますが、ETCを使いこなすためには基礎知識が必要です。これまで有料道路での渋滞の3割が料金所で発生していたことから、支払いでの一時停止を解消するために誕生しました。ETCは車載器と料金所のアンテナが無線で交信して支払い処理を完了します。料金はクレジットカードを通じて後払いすることになります。ETCを導入すればノンストップで料金所を通過できるので、渋滞解消や環境へのメリットがあります。また交通量を分散させるために、時間や曜日によって割引が設定されています。道路会社によって異なりますが、現金での支払いよりも安くなるのでお得です。支払い額によってマイレージポイントが貯まるサービスもあります。ETCはメーカーによって豊富な種類が販売されていますが、それぞれに特徴が機能が異なります。2ピースタイプは車載器本体にアンテナを内蔵したモデルで、アンテナ一体型タイプと呼ばれているのは2ピースです。3ピースタイプは車載器とアンテナが分離しているモデルで、ケーブルが届く範囲なら場所を選びません。ビルトインタイプは専用に設計されたモデルで、主に自動車メーカーから販売されています。車01

最近の投稿