自動車のショックアブソーバーは車に伝わる振動を吸収する装置のことです、ダンパーとも呼ばれます。
サスペンションという部品に装着されているバネのスプリングと共に取り付けられていて、スプリングの弾性が路面からの衝撃を和らげ復元力で発生した振動を吸収するのがダンパーです。

昔のショックアブソーバーはゴムを利用したものなど様々な物が試用され、一部は製品化した事もありました。
現在では液体の粘性抵抗を利用したオイル式のショックアブソーバーが主流となっています。
オイル式の物はオイルを満たした筒状の容器に、先端にピストンを装着したピストンロッドを入れてストロークさせます。
このピストンは注射器とは異なり2つの隙間からオイルをある程度通過させる構造となっています、この2つの隙間をオリフィスとポートと言います。
これによりストローク時にピストンはオイル中を移動し、その時発生した粘性抵抗をコントロールすることで減衰力を発生させるのです。
この減衰力は調整が可能で、底部もしくは頭部に付いている減衰力調整ダイヤルを使うことで走行条件に適した減衰力を得る事ができます。
2つの隙間に流れ込むオイル量を減らせば強い減衰力を、逆に流入量を大きくすれば減衰力が弱まります、前者は高速走行時に最適で、後者は低速走行時に役立ちます。

最近の投稿