ETC車載器の種類は2種類あり、ETCカードを挿入する本体とアンテナが一体的になっている車載器とアンテナとTCカードを挿入する本体が分離しているタイプの車載器です。どちらにせよアンテナは外部から電波を受信するために前方のダッシュボードに固定して設置する必要があります。

当然、見栄えと言う点では、本体とアンテナが一体的になっているタイプは、ダッシュボードの場所を機器の分だけ占領してしまいますので悪くなってしまいます。一方、アンテナ分離型であればアンテナだけの取り付けになるため、すっきりとしてそれほど見栄えを失うことはありません。

なおETC車載器は、ETCゲートを通過するときに電波のやりとりを行なうことから当然、無線であればそれが盗聴されたり、なりすましの被害が発生したりする懸念が生じます。なかにはその電波によって個人情報などの情報を抜き取られる可能性もあり、アンテナ一体型であると外からガラス越しに見れば本体が設置されているのが解る為、ターゲットにされる可能性も高まります。

そのため、防犯上の理由からもアンテナ分離型の方が見栄えも良く、本体が付いているかどうかがガラス越しでも解り難いので、それだけ盗聴のターゲットになりにくくなります。この見栄えと防犯上の理由からアンテナ分離型の方が最近は人気が出ています。a

最近の投稿