ETC車載器は、高速道路でETCを利用する上で必要となる機器です。その車載器の種類には大きく分けて2種類のタイプが存在し、一つはアンテナと本体が別々になっている分離型ともう一つはアンテナと本体が一緒になっているアンテナ一体型です。

分離型のメリットは、アンテナだけをダッシュボードの上にだけ置いておき、本体は別の場所に設置することが出来るとするものです。外からも目立たなく出来ることとダッシュボードがすっきりと出来るメリットが分離型にはあります。

一方ではアンテナ一体型も根強い人気にもなっています。その理由はアンテナが一体的に付いているタイプは、ダッシュボードの上に本体を置く必要がありますが、工事が簡単で取り付けることが出来るからです。

ちなみにダッシュボードの上に置くので外から車載器自体が見ることが出来る状態ですが、ETCカードが挿入されているかどうかを確認することが出来ます。仮に外から見て車載器にETCカードが挿入されていない場合、その車を盗難するメリットが半減するということで防犯性も向上する点もあります。

確かに分離型では本体が別なので、運転者によってはETCカードを挿入したままの状態にすることが多く、逆に盗難される可能性もあります。

最近の投稿