リーフスプリングは、板バネといわれるように長方形の鋼鉄の板を1枚あるいは数枚重ねたスプリングです。現在では、貨物自動車などの荷重のかかる自動車のサスペンションに使われています。
一般的な取り付け方は、車軸と直角にリーフスプリングを配置して、その中央付近(中央部とのズレをオフセットという)に車軸がくるようにしてあります。そして、このすぐわきにショックアブソーバーがきます。シャーシとの取り付け部分(シャックル)はスプリングの両端で、その取り付け方には、コンプレッションタイプとテンションタイプがあります。
リーフスプリングの特徴は、構造が簡単で低コストでつくれること、高い荷重にも耐えられること、ショックアブソーバーの役目もするためショックアブソーバーの負担が軽くなること、シャックルによって前後と上下の動きを同時に緩和できることなどです。なお、高荷重がかかる場合には、補助リーフスプリングをつけて2段にすることもあります。
リーフスプリングは、一部の乗用車の独立懸架(ダブルウィッシュボーン)のスプリングとして横置きで使われていますが、これは特別な例といえます。また、現在の大型バスでは、この方式のスプリングは使われなくなっています。

最近の投稿