車が走るための原動力を生み出す部分が、エンジン装置となります。
燃料と酸素をエンジンの内部で爆発させることによって、駆動力を生み出しています。
エンジンは、吸気、圧縮、燃焼、排気の4つの行程によって成り立っています。
エンジンの主流は4つの種類で、レシプロエンジン、ロータリーエンジン、ハイブリットエンジン、ディーゼルエンジンがあります。
乗用車の中で最も多く採用されているものがレシプロエンジンで、シリンダーに吸気を行ってピストンが下がることによって、シリンダー内へと気化された燃料が入っていきます。
クランクシャフトが回転して気化された燃料と空気が混ざり合って、混合気をつくります。
シリンダー内部に、混合気は取りこまれて圧縮されます。
ピストンないで混合気が圧縮されて、スパークプラグによって点火が行われることで爆発します。
爆発を起こした混合気がピストンを押し下げてクランクシャフトを回転させることによって、駆動力が発生して車が動きます。
爆発した後の混合気はピストンが再び上がったときに、排気用のバルブから外に排出されます。
このような仕組みによって、エンジンは車の心臓部ともいうべき原動力の役割を果たしています。

最近の投稿