エアバッグといえば、運転席はハンドルから、助手席はダッシュボード付近から事故の際飛び出してくる風船です。現在では風船の形状や材質がさまざまあり、サイドエアバッグを採用する車も増えています。サイドエアバッグはいくつかの種類があり、中でもカーテンシールドエアバッグが人気が出ています。この方式は取り付けたしても車内空間を減らす量が少なく、万が一の事故の際に省スペースで開くので乗員への負担が少ないと言われています。エアバッグは衝撃を判断するコンピューターによって制御が行われますが、前方だけではなく、横や後ろからの衝撃に対しても対応する車両も増えています。また、サイドエアバッグの場合は、オプション設定となっていることが多かったのですが、安全性能を重視することから標準搭載とする車も増えてきています。また、自動ブレーキシステムなどと合わせてセキリティパックとしてオプション設定するメーカーも増えています。ただし、任意保険についてはエアバッグとしてのくくりとなることが多く、サイドエアバッグを割引対象としている保険会社は少ないようです。また、サイドエアバッグの有効性については死亡率の減少の他に、怪我をする確率もへるとされています。

最近の投稿