自動車を運転している時に、突然車の前に子供が飛び出して来たり、前の車と衝突しそうになるなど、急にブレーキ操作が必要になった場合、約半数のドライバーは上手にブレーキを操作することができません。勢いよくペダルを踏んで急ブレーキをかけたつもりでも、ペダルの踏み込みが足りないことがあります。このように、ドライバーが十分迅速に反応していても、ブレーキを踏み込む力が不十分な場合には、車がしっかりと停車するまでの距離が長くなり、非常に危険な状態を引き起こしてしまいます。ブレーキアシストは、ブレーキペダルの踏み込み速度と踏み込み量をチェックし、ドライバーのブレーキを踏む力が十分ではないと判断した場合、ドライバーに代わってブレーキを踏む力を補助してくれます。また、ブレーキペダルの踏み込み速度と踏み込む力を分析し、緊急ブレーキが必要か否かを判断してくれます。緊急ブレーキが必要だと判断した場合には、そこでブレーキの圧力を高めて大きな制動力を発生させてくれます。ブレーキのアシスト機能が働いている時に、ブレーキペダルから足を離すと、制動力を弱めて、運転しているドライバーが違和感を覚えないようにブレーキを制御してくれます。

最近の投稿