» 2016 » 5月のブログ記事

交通事故は自分の過失、他人の過失を含め多くの損害が出てしまう悲しい出来事です。ただし、金銭で解決できる問題については自賠責や任意保険で解決されることが多いです。保険の適用には各種調査が行われ、損害を与えた相手に対して査定額を調査、請求となります。この時、車の損害以外にも多数の部分に保険が適用となります。まず、車については両者の過失割合から算出され、それぞ請求が行われます。もし、車両保険をかけていない場合でも相手の車に対しては対物保障ないで支払われます。また、自分の車に対しても相手からの損害金が支払われ、足りない部分を自分の車両保険で治すことに鳴りますが、かけていない場合は不足分を自費で支払うことが必要です。過失割合については公正な係員が検討しますが、不服がある場合は裁判も可能です。車以外の保障については医療費、医療にかかる移動費も保証の対象となることが多いです。また、自身の場合はレッカー費用、レンタカー代などが保障の内容から支払われます。また、保障によっては車の中にある貴重品や各種道具についても保障されることがあります。保険はオプションを選ぶのが面倒な事が多いですが、保険をいざ使うとき、自費で支払える、支払えないで選択していくと良い場合が多いようです。

自動車は使うには便利ですが、時には事故を起こしたり、巻き込まれてしまうこともあります。
貸した車がアクシデントやトラブルを起こしたり、巻き込まれた場合には、所有者も無関係ではいられません。
まず、トラブルの相手方に対する損害賠償責任は、運転者自身に加えて、運行供用者も責任があるという法律の定めがあり、運行供用者には車の所有者が含まれます。
つぎに、自分の車も修理が必要になる場合もあります。
車の保険には、自賠責保険と任意保険がありますが、任意といっても加入自体が任意というわけではありません。
自賠責保険では、被害者に対する最低限度の補償しかカバーされていないため、対物の損害や、運転者を含む搭乗者の被害に備えるには任意保険は不可欠です。任意というのは、保険金額や保険の条件を調整することで、保険料の負担を抑えることができることを指しています。
任意保険の条件の中には、運転者の年齢や、家族や夫婦など、所有者との続柄を制限するものもあります。条件を限定することで保険料は抑えられますが、肝心なときに使えなくては困ります。
友人に車を貸す場合、友人自身が、自分の自動車保険に加入していて、他人の車を運転しても補償される場合を除いて、自分の保険の条件を見直しておきましょう。
特約による保険料の差額は、月額数百円で、電話で変更も可能です。
また、返してもらった後、今後人に貸す予定がなければ、再び家族限定などに戻すことも可能です。

他人の車を借りて運転しているところで交通事故を起こしてしまったという場合については、基本的にはその他人の車に掛けられているほうの保険が適用されることになります。
しかし、運転者がいかに証券名義とは別であったとしても、この場合には事故あり等級としてカウントされてしまいますので、貸した人は次年度からの料金がアップしてしまい、かなり気まずいことになってしまいます。
また、もしその車に本人運転限定特約が付けられていたような場合には、他人が運転することは契約内容上は想定されていませんので、損害賠償のためのお金は一銭も損保会社からは支払われないという、最悪の結果となってしまいます。
これを防ぐためには、運転者自身が他車運転危険担保特約とよばれるものをあらかじめ損保会社との間で契約しておくことが勧められます。
他車運転危険担保特約があれば、たとえ他人の車を乗り回して交通事故を起こした場合であっても、自己所有の車と同じように、損保会社からの支払いがありますので、被害者への損害賠償に充てることが可能です。
ただし、これはあくまでも対人賠償や対物賠償に限った話ですので、車両そのものの物理的な損害などは補償の範囲外となります。

保険等の約款では保険の請求の時効は三年間となっています。ただし保険には告知義務というのがあり、同じ約款には事故が発生した事を保険会社に通知する義務と、修理にかける前に保険会社の承諾を受ける事の趣旨がのべられています。保険会社が事故の状況を知り正しく損害額をだす為に必要だからです。ただ保険会社も業界全体の未払いが問題になってからは特に義務を怠ったから払いません、とはいきなり言ったりはしなくなっています。見積りや領収書等のかかった費用のわかるもの、直す前の写真等の書類、届け出た警察署があれば届け出の番号と警察署の名前等揃えておいたほうがいいです。修理を依頼した工場にも保険会社の調査員が訪ねていくはずなので連絡を取っておきましょう。時間はかかると思いますが一定の事故状況、修理状態がわかり書類が揃えば後日請求が認められることは可能です。車両保険は入り方によってガードレールや電柱にぶつかる単独事故や犯人のわからない当て逃げや台風、洪水、火災に補償されるものもあります。自分の入っているのがどんなものかわからない場合は単独事故であっても事故という程でもないが車が破損した場合でもとにかく保険会社に連絡をしてみる事が大事です。

自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。それぞれ保険適用の範囲が異なっており、自賠責保険は自己の被害者への最低限の補償で、任意保険は自賠責保険では不足している部分を補います。自賠責保険は人身事故に適用されます。また被害者からも相手車両の自賠責保険が適用されます。被害者には同乗者も含まれているので同乗していた家族も保険の請求が可能です。もし自己の相手も車だったら自分と相手の両方の自賠責保険に請求できます。しかし、停車している車に衝突した、センターラインを超えて走っていた、信号無視のように、被害者側に全面的な過失が認められる時には自賠責保険は適用されません。また、自賠責保険は他人にのみ補償するので、自分の損害は保険の対象外です。一方、任意保険は対人賠償、対物賠償、自分のケガ、修理代といった事故に関わることを補償する様々なプランがあります。事前に自分の任意保険がどのくらいの範囲まで適用されるのか確認しておく必要があります。ただし任意保険は、自分に過失が全くなかった場合は補償されません。保険の担当者に相手側と交渉してもらわなければなりません。それに備えて弁護士特約や無過失事故特約のような保険特約が用意されています。

CD・DVD自然災害の場合には、相手があってのことではありませんので、そもそも「車両保険」に加入していなければ補償対象にはなりません。その点を踏まえて、補償範囲がどこまであるのかを確認しましょう。車両保険にはオールマイティタイプとエコノミータイプがありますが、どちらでも補償されます。ただし「どういった災害であるのか」によって、補償されるか否かがかわります。 近頃は台風や集中豪雨、洪水なども増えていますし、火災もあります。台風や大雨になれば、河川の氾濫などで洪水になる可能性がありますし、浸水したり、倒壊した建造物に巻き込まれて車が損傷して利することもあります。車両保険では、これらもカバー範囲となります。またひょうや竜巻、大雪によて車が損傷した場合でも補償されます。しかし地震や津波が原因で損害を受けた場合には、補償対象外になります。このような災害でも水没したり、前者と同じような被害を受けることがあるのですが、それでも「原因」が補償に関わります。地震や津波の影響を受けた災害が原因である場合にも、補償されないと考えてよいでしょう。火山の噴火も同様に、補償対象外です。事細かなことについては、加入している任意保険の保険会社に問い合わせを行いましょう。

飛行機02他人から物を借りたり、業務で他人の物を預かったりした場合に誤ってそれらの物を壊してしまったた時は、持ち主に対して損害賠償を行わなければなりません。このような場合に、通常の損害保険では約款で、被保険者が所有、使用、管理する財物を破損して持ち主に対し賠償する義務を負ったとしても保険の支払対象にはならないと規定されています。また自動車保険や個人賠償保険では被保険者の配偶者や同居の親、子供が所有、使用、管理する財物を破損して持ち主に対し賠償する場合も保険の支払対象外になっています。業務で他人の財物を預かる場合には、保管物賠償保険に加入すれば保険で支払うことが可能です。各保険会社では業種毎にあらゆるリスクに備えることが出来るような商品を販売しているので、そのような受託物をカバーする保険に加入することは比較的簡単です。個人の場合はそのような受託物への賠償に備える保険はあまりないので、どうしても保険でカバーしたいとなるとその受託物自体の保険に加入するしかありません。動産総合保険が代表的です。自動車保険の場合は、自分の車両に車両保険を付けておけば一時的に借りた自動車を壊してしまっても保険で支払ってもらえます。

飛行機03自動車保険では、誰が運転するのかを決めておくことがポイントになります。
決めておくべき点としては、運転する人(保険の契約者)の年齢、車の種類(年式、車種)、事故歴、車の利用目的、などです。これらの要因によって、保険料がわかってきます。
仮に家族が事故を起こしたとしても、保険の契約者が当人でなければ、保険料は支払われません。もし家族が他人に対して損害賠償を支払わなければならなくなったとしたら、保険で賄われずに大変なことになってしまいます。
自動車保険では保険の対象となる人物を契約者以外にも拡大することが可能なので、しっかり見直しておくことが必要です。
具体的な範囲の設定項目としては、以下のようになっています。記入保険者のみ、記入保険者の配偶者、記入保険者またはその配偶者の同居親族、記入保険者またはその配偶者の別居の未婚の子供、です。
後ろにいくに従って保険料は増えてしまいますから、保険料を抑えたいならば運転する人を絞り、記入保険者以外は運転しないという方法もあります。
このように、自動車保険の家族に対する補償を考える時には「運転者範囲」もあわせて考えておくことが重要です。実際に保険会社を選ぶ時には複数の会社に見積もりを取ってもらうのがベターです。

飛行機01車を購入すると強制的に加入しなければならない保険があります。自賠責保険と呼ばれるもので、車の運転で万が一事故を起こした時に、金銭的な問題からその人を守ってくれるものです。
仮に、車の運転中に、他人の家の壁に車を衝突させてしまい、弁償しなければならなくなった場合、自賠責保険があるから大丈夫だと安心するところですが、残念ながら保険金が支払われないケースになります。
なぜお金が支払われないかというと、自賠責保険は車で他人に怪我を負わせてしまった時に適用されるもので、モノを壊してしまった場合は対象外になるのがその理由です。
後で知らなかったと泣きを見ることのないよう、対処法として、自賠責保険だけに頼らず、民間の保険会社が提供している自動車保険に、加入しておくのが最も簡単な方法です。民間会社の自動車保険は任意で契約するものですので、自分自身で好みの商品を探しましょう。
任意の自動車保険の特徴として、人身事故でも相手に限らず、ドライバー自身が怪我を負ったり、死亡した時にも適用されるというよさがあります。上記の例にある、モノに対する損害にも対応します。
メリットがとても大きいことから、殆どのドライバーが任意の自動車保険に加入しています。

道路02自動車保険には主に2種類あります。まずは自賠責または強制と呼ばれるものです。これは加入することが国により定められているものです。自動車を購入した時や車検に通した時に、強制的に加入や更新がされるものです。交通アクシデントにより発生した損失に対し金銭補償がなされます。しかし注意したいのは、その補償範囲は人身に限定されていることです。また、補償金額も限度額が、傷害の場合で120万円、亡くなられた場合は3000万円、重度の後遺障害の場合が4000万円となっており、決してじゅうぶんな補償金額ではありません。そこで登場するのがもうひとつの方で、こちらは任意と呼ばれることが多いです。任意ですから、加入はドライバーの意思に任せられています。しかしこちらは、万が一の際には非常に手厚く補償がされます。特に人的損失に対しては、補償金が無制限であることが多いです。また、その補償範囲も、やはり自賠責とは異なり非常に幅広いものです。対人は勿論のこと、たとえば交通アクシデントにより他人の自動車やモノなどに損失を与えてしまった場合でも、補償金が支払われます。また単独での交通アクシデントによる損失、相手に一切の過失が認められなかった場合の交通アクシデントによる損失にも、補償金が支払われます。他にも、オプションなどによっては、交通アクシデントの示談の際に、弁護士を雇う費用などや、車両トラブルによりレッカーや遠方地での宿泊を余儀なくされた際の費用などが補償範囲に該当する場合もあります。ですから、自分のために、そして他の人のために、2種類にきちんと加入しておくことが、自動車を運転する人の最低限の責任と言えます。

最近の投稿