» 2014 » 8月のブログ記事

中型自動車の場合

| 未分類 |

自動車保険には色々な種類がありますが、どのような保険も基本的には車両ごとに契約をしますので車の状態に合わせた契約料金が必要になります。特に車両保険に加入している場合には自動車の価値を正確に算出して保険料を決めることになります。
そのため車両価値が高いものの場合には保険料も高くなるという傾向にあります。例えば近年分類が始まったマイクロバスに該当する大きさの車両である中型自動車に関しては、一般的な乗用車よりも高く大型車両よりは安いという保険料になるケースが多くなっています。これは車両の価値の影響を強く受けているためです。
従って中型車だからどうこうという契約は存在していません。どのような車両であってもその車両の車種と年式によって価値は決められ、その価値によって保険料は決まることになるのです。但し法人契約の自動車保険の場合にはフリート契約と呼ばれる特殊な方式で保険料が管理されています。そのため中型車単体で所有している場合とは保険料の料金体系が異なることになりますので比べる場合には注意が必要になります。一般的には中型車は一般の普通乗用車に比べれば高価な車両です。そのため保険料が高くなるのも自然なことです。

普通自動車の場合

| 未分類 |

自動車を運転する方は、誰でも自賠責保険に加入をしておく必要があります。
うっかりとして、事故を起こしてしまった時は、相手の自動車に損害を与えてしまうことがありますし、怪我をさせてしまった時は、自賠責保険だけでは、十分ではないことがほとんどです。
自動車を運転している方は、必ず任意保険に加入をしておくようにして、対物や対人も無制限にしておきましょう。
普通自動車の場合は、軽自動車に比べると、任意保険料がやや高めに設定されていることがほとんどです。
加入をする年齢や等級、契約している保険会社によっても、保険料が違ってくるので、じっくりと比較をする必要があります。
いざという時に、きちんとした補償を受けることが出来るように、補償内容をじっくりと確認をしておくことが大切です。
インターネットを利用して、任意保険に加入をすると、保険料がお得になることが多くなっています。
自分のライフスタイルや車種に合った任意保険に加入をしておくと、いざという時に慌てなくて済むようになります。
30代や40代の方は、運転歴が長いので事故率が低いため、若い年代の人に比べると保険料が安くなることが多いです。
自損事故の時でも、車両保険に加入しておくと安心です。

車に乗っていると、必ず入らなければならない自賠責と、義務付けはありませんが、いざという時に補償してのらえるので安心である任意の保険について考えなければならないのです。自賠責は必ず入らないと、新規登録や車検が通らないので、初めから加入済みです。しかし、自分で検討して入る任意の方では検討の余地があります。
一般的に、自動車を所有していると任意保険に加入します。これは、自賠責では事故に遭ったときの被害者を救済するためにあるのに対して、任意はそれでカバーできない部分の補償と自分自身や車両に対しての補償になるからなので、安心して車にのるために必要であるのです。
最近では、一括見積などを申し込むとすぐにメールで金額が出たり、後日郵送で見積もりが送られてくるので、複数社で比較できて便利なのです。また、車の種類によっても金額が異なるので、切り替えをする時には注意が必要です。なぜなら、事故に遭いやすい可能性の高い車種と低い車種があるからなのです。やはり事故に遭いやすい可能性の高い車種の場合には若干金額が高く設定されているのです。
このように、車を乗るには知っておくべきことがあり、なるべくお得な情報を得て生活をしていくと賢い消費者になるでしょう。

搭乗者傷害保険とは

| 未分類 |

搭乗者傷害保険とは、保険契約車の運転者やその同乗者を対象にした怪我の補償です。
人身傷害保険と重複した補償内容ですが、支払い方法が異なっています。
人身傷害保険は、治療にかかった費用を支払う実費補償です。また死亡に対しては、死傷された方の年齢、収入、扶養家族の有無等を反映させた損害額基準に基づいて実際の損害額に相当する保険金を支払います。
これに対して搭乗者保険は、定額補償になります。死亡に関しては、契約時に決めた死亡保険金が支払われます。
1000万で契約していれば、遺失利益がそれを上回っても1000万が上限となります。
また、搭乗者傷害の怪我の支払いは、日額払いが廃止されつつあり、部位症状払いが主流になっています。
かかった治療費用ではなく、手の捻挫なら5万円・足の骨折なら10万円など、怪我の症状や部位によって決められた定額基準で保険金を支払う方法です。
シンプルな査定なので、支払いが迅速になりますが、通院が長期化した場合は、通院日数に見合った保険金が受け取れない可能性もあります。
部位症状払への移行は、保険会社の保険金支払いリスクを減らしたい思惑があります。
また、最近の傾向として、怪我の補償を人身傷害だけにして搭乗者保険を最初から提案しない保険会社が増えています。
これも保険会社の支払いリスクを減らしたい意向が反映されていると考えられます。
しかし、事故の時に、人身傷害と搭乗者保険の2つから支払いがあれば助かります。
怪我にかかった費用に対して、実費補償と定額補償、重複して貰える2つのお財布を持つ選択もあります。

対物賠償保険とは

| 未分類 |

私たちの日常生活において、欠かすことができないと言っても過言ではない自動車。
便利な足としてビジネス・プライベートを問わず、移動や送迎、荷物運びを中心に私たちはその恩恵を大いに受けています。実際、現代の日本人の殆どが自動車の運転免許を取得していますし、ビジネスでも自動車を用いるため求人の際の募集要件として要運転免許証としている会社も少なくないのです。

そんな便利な自動車ではありますが、安心・安全に乗るためには任意保険に加入することが必須と言えます。自動車を運転する際には自賠責保険という保険に加入することが義務付けられていますが、実際事故が起きた場合には自賠責保険だけでは十分な補償はしきれないケースが多いのです。
自賠責保険は事故の被害者に対して一定の補償はされるものの、補償金額には上限があります。また事故を起こした運転者本人や同乗者に対する補償はありません。
また自賠責保険には対物賠償保険は含まれていません。事故によってガードレールや標識、他の自動車などを壊してしまった場合の補償はされないのです。

以上のことから自賠責保険ではカバーしきれない部分を任意保険によって補うことが賢いと言えます。
補償を充実させつつ、安全運転を心掛けたいですね。

対人賠償保険とは

| 未分類 |

通勤や通学、日常生活の買い物やレジャー、さらには趣味として私たちの生活に密接している自動車。世の中の大勢の人が運転免許を取得し、便利に自動車を利用しています。
自動車は現代の生活に欠かすことの出来ない必需品と言っても過言ではないでしょうし、実際に自動車がなければ困るという人は数多くいるでしょう。

自動車に安心して乗るためにはしっかりと保険に加入をしておく必要があります。
自分が自動車事故の加害者となってしまい、他人を怪我させてしまった場合などには、多額の医療費用を支払うこととなる可能性があります。
強制保険である自賠責保険である一定額までは補償してくれるものの、その金額は有限となります。もしものことを考えると、民間の保険会社の任意自動車保険に加入し、金額無制限の対人賠償保険契約をしておくのが賢いと言えるでしょう。但し、この保険に対する補償の注意事項として、被害者が「他人」の場合に限る、としている契約内容が殆どである事が挙げられます。
つまり運転者が自分の親や配偶者など、いわゆる「身内」を怪我させてしまった場合には保険金は支払われないということになります。

これらの点についてしっかりと理解をして、安全運転を心掛けたいですね。

任意保険とは

| 未分類 |

自動車を所有すると、新車登録や車検の時に、自賠責保険に加入することになります。これは、法的に義務付けられているものであり、必ず入らなければならないものです。内容としては、事故に遭ったときに被害者を救済するためのものなのです。
しかし、車の乗る際には、自分に何かがあったときのことを考えなければなりません。自動車の任意保険というのは、そのためにあるのです。
jこれは、自分で内容が補償額も選ぶことができるのですが、その等級によってもかなり保険料が異なるものです。ですから、10代の若者では、かなり割高になるのですが、無事故などの実績を重ねて等級が上がった人では、かなり安くなるものなのです。
内容としては、対物・対人、搭乗者、車両など、いろいろな物があります。例えば、ガードレールを破損させたり、道路標識を壊した、電柱が傾いたなどの物損の補償にも対応します。事故の被害者への補償が、自賠責の内容では足りない場合にはこちらも使います。一緒に乗っていた人や自分の体に対しての補償にもなりますし、自分の車の修理にも対応してもらえます。
また、ロードサービスが付帯されていることが多いので、そういった面でも安心なのです。

 自動車損害賠償責任保険は、略して自賠責保険と呼ばれています。こちらの方が耳馴染みがある呼び方でしょう。
自賠責保険は対人賠償保険に限定した自動車保険であり、目的は被害者へ最低限の補償をするというものです。よって、被害者相手が怪我をした、死亡した、後遺症が残ったという場合のみに補償されます。
民間保険会社で契約しますが、国土交通省にて補償範囲と保険料が決められているため内容は一律です。
補償範囲は、1回の事故1人の被害者に対して傷害の場合は120万円、死亡の場合は3000万円、後遺症が残った場合は4000万円が最大支払い額になります。あくまでも被害者への最低限の補償なので、これを超える賠償はできません。
保険料は車種によって変わりますので国土交通省HPで確認してみましょう。
ちなみに自賠責保険に加入していない自動車は公道を走ることが禁止されており、車検を通すこともできないので注意してください。仮に未加入のまま一般道を走行すれば1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科せられ、違反点数6点で一発免停です。
また、加入したらそれで終わりではなく更新がありますが、自動車なら車検時に更新してもらうことができるので期限切れは心配いりません。

車を乗ることになると、自動車保険の種類ついての知識を深めておくほうがいいでしょう。
新車登録をしたり、車検の時にはその車の所有者に対して加入が義務付けられる自賠責保険があります。これは、法的に義務付けられているものであり、必ず入るものです。こちらの特徴としては、事故に遭ったときに被害者を救済するための保険であるということです。
しかし、それだけではいざという時には足りないのです。今、ほとんどの人が入っているのが、任意保険です。こちらは通常1年契約の保険になるので、時期がくると継続または切り替えの手続きをしていきます。こちらはその人の等級や車種などによっても価格がことなるのです。
どこの保険会社にするのがいいのか、迷うこともあるでしょう。それは、インターネットなどの一括見積を申し込むと、リアルタイムで概算がメールで送られてきたり、後日郵送で保険の条件や金額が出るようになるのです。ですから、いくつかの保険会社で比較ができます。
現在は、ネット保険といって無店舗販売の通販型の保険も人気です。人気の秘密は安さとサービスのよさでしょう。このように、車の保険について知識を持つことで、損をせずに安心して車に乗ることが出来るのです。

最近の投稿