019807自動車保険は、複数の保険商品を組み合わせて一つの保険を契約する仕組みになっています。その種類は大別すると7つあり、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険、自損事故傷害保険、無保険車傷害保険、車両保険に分けることができます。
カーライフに応じた保険を選び契約をするため、必ずしも全ての保険商品が必要になるわけではありません。では、各保険を解説してみましょう。
主柱となる保険は対人賠償と対物賠償です。対人賠償は被害者相手が死傷した際に支払われる賠償保険、対物賠償は他人が所有する物への損害保険で、この2つの保険は契約上外すことはできないと考えておいてください。
人身傷害保険は自分と車の搭乗者の死傷が補償されます。また、搭乗者傷害保険は搭乗者が死傷した場合に補償されますが、人身傷害保険の上乗せ保険として捉えておきましょう。
自損事故傷害保険は相手がいない一人で起こした事故で死傷した場合に補償されます。
無保険車傷害保険は相手が保険に加入していなかったり、何かしらの理由で保険金が支払われない事故で死傷した場合に補償されます。
車両保険は自身の自動車の修理代に補償されます。
このように保険内容が異なるため、それぞれよく理解し、適した保険を選択しましょう。